2021年6月21日月曜日

育った町

先日リハビリが終わったのは11時でした。 美土代町から神田駅へ出て三越まで歩くつもりで 16~50ミリの軽い広角レンズを待っていきました。 育ったのは神田錦町です。子供の頃はお店屋さんが沢山ありました。お豆腐屋さんへお鍋を持って買いに行きましたし。 魚屋 八百屋 酒屋の三軒が四つ角に在りました。角の酒屋さんでお味噌も経木にのせて量り売り 秤にのせて目方を見て しゃもじをポンと投げると元の味噌樽に刺さり吃驚したものです。”じいさん婆さん”と”トンネル堂”の駄菓子屋が2軒並んでました。 その道に五十稲荷の縁日がたって アセチレンランプの光の下 楽しかったな~~~


五十稲荷神社 古びた廃屋の様でしたが 建て直されたのでしょう昔の面影はありません。





















この角は何屋だったか?? 印刷工場だったような?? 思い出せません。いまはスパゲティー店 向こうのたばこ屋は昔から卵の卸業者でお惣菜などを売っていました。此処に縁日がたったのです。






近所にもう一つお稲荷さんがありました。 よく町会で無尽の集まりをしたり 句会会場になったりしていました。その一帯は大規模開発がされましたが お稲荷さんは一角に収納されていました。








       そんな時代もあったねと  いつか話せる日がくるわ
       あんな時代もあったねと  きっと笑って話せるわ

             まわるまわるよ時代はまわる


お稲荷様もあまりの変貌ぶりに戸惑っておいででしょう。 でもこれがあるだけで紙芝居見た夕ぐれが思い出されます。














2021年6月20日日曜日

そろそろ終わる・・・・・

最近色々な紫陽花の変種が見られますが 紫陽花は用土のペハーで色が変わるそうです。毎年見ているアジサイですが 今年のこの紫陽花の色・・・・何故か濃く気品があります。 


梅雨に入り紫陽花も元気になる頃・・・・・・その色の変化が足を止めます。お花のお稽古に行ってた頃 花だってしおれた姿は見られたくないはず 痛んだ花は摘んであげなさいと教わりました。「よく咲いたね有難う」感謝してハサミを入れました。



















































2021年6月19日土曜日

お母さんへ

朝から雨 久しぶりに右の肩と左の肩が痛みます。 あんなに調子が良かったのに・・・梅雨空は恨めしいです。 先日坂の上で買ってきましたカーネーションです。幼げなピンクと赤い小花は いたずらっ子で頓知がきいていた母を思い出させました。雨は降っていますが 窓辺は明るかったのでカメラを向けました。


ピンクではないと思います。桜色そう!!桜色のカーネーションです。















































































 

2021年6月18日金曜日

水天宮前から街歩き

がっかりです。 右の肩痛みもなくなりましたが医師が持ち上げ捻ると「痛い」となります。「もう一か月様子見て 駄目なら注射しようか」です。 このコロナの中通院するのも不安でしたのに・・・・。外に出ると小雨気晴らしに 地下鉄で水天宮へ行ってみました。鳥近の卵焼きと今半水曜日限定のそぼろ弁当が目的です。



水天宮前駅改札口の水槽 傘に紫陽花の中を熱帯魚が泳いでいました。矢張り門前町 人形町にかけて 甘酒横丁があり 昔ながらの懐かし商店街には食料店が軒を連ね 中々に粋な雰囲気や下町風情が残っています。








壽堂京菓子司  声かけして撮りました。 全て生菓子で出来ています。鯉の滝登りでしょう。






熟し梅の下は 鮎の入っているビクで 上は芙蓉と見ました。アジサイがあって・・・あれは何だろう??







花入れに紫陽花練り切り生地の 食べるのが躊躇される花です。







竹籠には練り切り生地のビワの実  求肥の入った鮎の和菓子 この店では桂年魚と書いて”かつらあゆ”と読むそうです。 京都桂川から来ているのでしょう。桂鮎大好きですが麩饅頭もいいな~~~







此処の小梅干しや漬物は・・・・ヤッパリ買って帰ろう。




 








2021年6月17日木曜日

アガパンサス

朝からの雨も午後にはやみました。気持ちいい風と共に大きく揺れる梢の擦れる音がします。かぜが吹いて蒸し暑さが無ければ夏も過ごしやすいだろうにとは思いますが坂上まで行っても疲れます。


アガパンサスが盛りになり目立ちます。 南アフリカが原産ですが見事に洋花です。 







私はこの花の蕾が祈るように 手を合わせて咲き始めるのが不思議です。























 
























2021年6月16日水曜日

学生街の喫茶店

     君とよくこの店に 来たものさ  訳もなくお茶を飲み 話したよ  

     学生でにぎやかな この店の   片隅で聴いていった ボブ・ディラン                                                          

                                                        神保町交差点から駿河台下にむかって 靖国通り裏の細道。 表通りは古本屋街でお茶の水台にある大学の学生でにぎわっていました。”さぼうる”この通りだけ時間が止まっています。 昭和30年頃から変わりませんが ただ水撒きで名物なご主人は見かけません。 トウテンポールは何故か寂し気です。そうそう烏瓜の実も少なくなりました。





























左下の扉の色を見ても古い。そして懐かしいです。





ラドリオ  此処で20代ミニコロッケを食べたな~~~ 詩人を目指いていた ”むっつり助平” の男友達はその後一人で社長の後始末をして お得意さんを私の会社に受け継がせて迷惑をかけることなく処理して会社を解散させて・・・長い付き合いになりました。























2021年6月15日火曜日

ベニシジミ

10時を過ぎるとまた眠気が・・・朝は早く起きられるようになりましたが まるでスイッが切り変わるように元気な日と眠気の強い日とが来ます。 二三日前から縫物をしています。ユーチューブで落語を聞きながらですが結構はかどります。 開け放った窓の向こうに まっ白い入道雲がむくむく立ち上がり始めました。 まだまだ大きくなる 真夏の海のあのカキ氷のように シャーキシャーキと音が聞こえそうです。・・・・午後気になってみると入道雲は消えていて風が涼しく感じました。


ここ何日かの散歩で 蝶々を見るようになりました。 アオスジアゲハもモンシロチョウにも会えましたが その姿はやはり撮れませんでした。








ハルジオンのうえで吸蜜しています。















タチアオイ







サンショウバラの花後に蟻